スポンサーリンク

(Mリーグまとめ)実況・解説、ルールや賞金、ポイント計算法について

Mリーグまとめ Mリーグ

Mリーグ関係の記事のまとめになります。

ルールを始め、概要や出演者など、これをみておけばMリーグについて分かります。

毎年少しずつ変わっているので、その都度更新。

※当記事のリンクは、アフィリエイト広告を利用しています。

(最新版:2023-2024用)

M.LEAGUE(Mリーグ)公式サイト
ほんの一握りのトッププロだけが出場できる、麻雀プロリーグ戦「M.LEAGUE(Mリーグ)」公式サイト。国内最大の無料インターネットテレビ局AbemaTVの麻雀チャンネルにて全試合生中継、Abemaビデオでも無料で見逃し配信中。
スポンサーリンク

概要、視聴方法

※全9チームで優勝を争う。

①対局、放送日程

月、火、木、金の計4日

1チームあたり、週2回の対局

※9チームになったことにより、4週に1回、週1回対局日のパターンがあります。

全試合生放送

19:00~放送開始、1日あたり2試合を行う。

ABEMA(無料放送)

※見逃し視聴をする場合には、ABEMAプレミアム(月額960円)への登録が必要。

ABEMAプレミアムの詳細はこちら

試合数(暫定)

開催日:2023年9月18日から

レギュラー:各96試合(上位6チームが通過)

セミファイナル:各20試合(上位4チームが通過)

※レギュラーのポイントは半分になる(マイナスも)

ファイナル:各16試合

※セミファイナルのポイントは半分になる(マイナスも)

賞金

1位:5,000万円

2位:2,000万円

3位:1,000万円

個人賞

以下3つが現在の個人賞です。

個人スコア(MVP)

最高スコア

4着回避率

ルール(概要のみ)

一発あり

赤あり

裏ドラあり

ダブロンなし

数え役満なし:3倍満とする

(参考)ポイントの計算方法

1着:+50P

2着:+10P

3着:-10P

4着:-30P

1,000点=1P

として計算。

※あくまで、ポイントを計算することだけに絞って解説するので、オカやウマについては、本記事では書きません。

30,000点を基準に計算すれば、点数は導き出すことは可能。

(実際の点数状況を例に)

〇5月18日 第1試合

1位:37,000点

2位:27,300点

3位:23,800点

4位:11,900点

でした。

30,000点を基準に

100点増える毎に+0.1P(+1,000点=1P)

100点失う毎に-0.1P(-1,000点=-1P)

とすると

1位:30,000点(0P)+7,000点(7P)+50P=+57.0P

2位:30,000点(0P)-2,700点(-2.7P)+10P=+7.3P

3位:30,000点(0P)-6,200点(-6.2P)-10P=-16.2P

4位:30,000点(0P)-18,100点(-18.1p)-30P=-48.1P

となります。

麻雀の点数計算に困っている方はこちらの記事を参照。

麻雀の点数計算本のおすすめはこれ:Mリーグも活用した覚え方
点数計算本とMリーグを使って、苦手の点数計算を克服していく。

レギュレーションについて

①レギュレーション

1)1チームにつき、男女混合

2)必ず4人構成

3)同じメンバーで、2年連続でセミファイナルに進出できなかったチームは選手の入れ替えをしなければならない

この3つが大きなルールです。

細かいことはこちらに書いています。

今年から少しレギュレーションが変わりました。

(Mリーグ)セミファイナル条件と新レギュレーションによる対象チーム
レギュレーションの変更やドラフトについてのまとめ。

実況・解説

(実況)

日吉 辰哉:連盟(月、木担当)

特徴:スポーツ実況に近い

松嶋 桃:協会(火、金担当)

特徴:日吉さんと小林さんの間

※小林さんがお休み中のため、松嶋さんの実況が週1から週2に今シーズンからなっています。

小林 未沙:元最高位戦、現賢プロダクション

特徴:常に冷静的確に実況

※上述のとおり、お休み中です。

(解説)

土田 浩翔:最高位戦(週1回解説)

藤崎    智:連盟(隔週1回ペース)

石橋 伸洋:最高位戦(隔週1回ペース)

河野 直也:最高位戦(不定期)

朝倉 康心:最高位戦(不定期)

村上  淳:最高位戦(不定期)

チームについて

渋谷ABEMAS

KONAMI麻雀格闘倶楽部

TEAM RAIDEN/雷電

EX風林火山

KADOKAWAサクラナイツ

U-NEXT Pirates

赤坂ドリブンズ

セガサミーフェニックス

BEAST Japanext

の計9チーム。

また、オフィシャルサポーター制度があり、1チームにつき年会費7,150円でさまざまなサービスを受けることができます。

詳しくはこちら。

(Mリーグ選手紹介2024)チーム別特徴~推しチームを決めよう~
Mリーグのオフィシャルサポーター制度及びチーム紹介。

Mリーグのドラフトについて

Mリーグのドラフト方法について、2023年6月30日に行われた例を元にご紹介します。

参加チーム

(ドラフト参加チーム)

・BEAST Japanext(新チーム)

・セガサミーフェニックス(近藤プロの代わり)

・赤坂ドリブンズ(村上・丸山プロの代わり)

ドラフトの方法について

新規参入チームの編成が優先となり、以降は成績の下位チームから1人ずつとなります。

新規参入チームは、4人一気に獲得できるのが特徴です。

野球のドラフトとは少し違います。

指名被りによるくじ引きはありません。

(流れ)

①BEAST Japanext(新規参入チーム)が4名指名

(男性&女性プロを最低各1名以上)

②セガサミーフェニックスが1名男性プロを指名(前年8位)

③赤坂ドリブンズが2名指名(前年7位)

(女性プロを最低1名以上)

※赤坂ドリブンズから自由契約になった人の扱いについて

BEAST Japanext及びセガサミーフェニックスが指名することは、男女混合の条件さえ満たしていれば可能。

村上淳プロ及び丸山奏子プロが自由契約となったため

●セガサミーフェニックス:村上プロの指名権利

●BEAST Japanext:村上&丸山プロの指名権利

がそれぞれ発生していたということになります。

ドラフト会議の模様については、ABEMA TVの麻雀チャンネルで放送されました。

オフシーズンの情報について

BEAST Japanext選考会とMトーナメントというものが同時進行で実施されました。

それぞれの速報及び結果について、こちらの記事でまとめています。

(Mリーグ)Mトーナメント速報及びBEAST選考会結果まとめ
BEAST Japanextオーディション及びMトーナメントの速報・結果。

コメント

タイトルとURLをコピーしました